読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All that glitter is not gold.

それでも、きらきらしたものがすき。

趣味合う人、絶賛募集。~Perfume曲で帰れま10~

昨日、ハロつながりのフォロワーさんたちで盛り上がっていたこんなハッシュタグ

#好きなハロ曲当てるまで帰れま10

くーっ!参加したい!でもシングル曲くらいしかわかんねええ!

と思ったので、Perfume版で考えてみたのでした。

 

 

はい。

これの消化と語りをやろうと思ったわけです。

 

1.Enter the Sphere

のっけからアルバム曲です。ぶれません。

アルバム「LEVEL3」リード曲。

 

LEVEL3

LEVEL3

 

 2014年に行われたWorld Tour 3rdの模様をおさめたドキュメント映画「WE ARE Perfume」(2015)でも印象的に使われた一曲。幕が落ちて生Perfumeが降臨する瞬間、生で見たら絶対泣けてただろうな、あれ。

リリース時に「最強のダンスアルバム」と評されることが多かったLEVEL3ですが、そのなかでも格段にバッキバキなのがこちらのEnter the Sphereです。何も考えずにノッて聴けるというか、アルバムの流れがちょっとDJ的な感じにもなってるからよく勉強のBGMとかにしてテンション上げてました。LEVEL3はライブでも最初と最後はきっちりアルバム曲と同じにしててあの構成もいいなあって思う。行けなかったけど。行けなかったけど。(当時受験生)

 

2.TOKIMEKI LIGHTS

 

STAR TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

STAR TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

 

 

前述した「WE ARE Perfume」主題歌のB面となるのがこちらのTOKIMEKI LIGHTS。チョコラのCM曲として使用されていました。

当時はTVでも披露はSTAR TRAIN一色であったがゆえにライブパフォーマンスはまだ行われていない(と思われる)楽曲ですが、こちらがA面でもよかった!と言われるくらいの勢いと疾走感。頭サビ後の高揚感は最高です。ただテンションがあがるというだけでなく、「そう 思い出す1年前や もっと前だってこんな季節に~」といったさりげなくPerfumeの歴史も感じさせてくれるような歌詞も素敵。ぜひライブでやってください。

 

3.GAME

 

GAME

GAME

 

 アルバム「GAME」のコンセプト曲になります。

ライブでのライトサーベルを使ったパフォーマンスが超!超!超!かっこよくてですね。何も!言わないから!見てくれ!って思います。まさにゲームから飛び出してきたような衣装も素晴らしいいいい。

ちなみにこちらのGAME、昨年のLIVE 3:5:6:9にて披露されまして。わたしも武道館に足を運ばせていただきましたが、あのイントロかかった瞬間の歓声はすごかったですね。特にライトサーベルを構えるのっち、かっこよすぎます。

 

4.MY COLOR

 

JPN(通常盤)

JPN(通常盤)

 

 アルバム「JPN」より。

ライブのラストに使われることが多く、一緒に踊れば一体感を得られること間違いなし。あ~ちゃん「せーの!」で手を挙げた瞬間流れ出すあのイントロ、最高です。

会社に電車で向かっている女の子が恋人にメールする情景を描いている歌詞なのですが、「恋人同士のつながり」と共に「Perfumeとファンのつながり」も感じられる内容になっているところが素敵。こういった2つの意味でとれる歌詞がPerfume曲には比較的多いように思います。

 

5.エレクトロ・ワールド


[MV] Perfume「エレクトロ・ワールド」

 

ライブで盛り上がるこちらの1曲。

メジャーデビューから3枚目までの「リニアモーターガール」「コンピューターシティ」「エレクトロ・ワールド」はファンの間では近未来三部作として親しまれていますが、その中でもこの作品は「世界の崩壊」を感じさせる雰囲気。無限ループ仕様に仕上がっているMVも近未来感たっぷりになっていて、なんだか切ない気分にさせられます。

個人的には「街ゆく猫だって 空を飛んじゃう街で~」のゆかちゃんパートがとっても好きです。MVでもかわいい。ゆかちゃんかわいいよゆかちゃん。

 

6.恋は前傾姿勢

 

Sweet Refrain (初回限定盤)(DVD付)

Sweet Refrain (初回限定盤)(DVD付)

 

 シングル「Sweet Refrain」のB面曲となっている楽曲。

比較的落ち着いたテンポで片想いする女の子の心情を描いていながらも「Don't be shy 自分 がんばらなきゃ」と自分を励ますサビの歌詞もほんわかポジティブな感じでかわいいです。

ちなみにこの曲はPerfume本人たちがどちらかのネットインタビューで明かしていましたが、前述のアルバム「LEVEL3」のボツ曲だったんだとか。アルバム収録予定になっていたときはもう少しアップテンポの楽曲だったらしく、その変貌ぶりにはPerfumeちゃんたちも驚いたそうです。ノリノリな「恋は前傾姿勢」もちょっと聴いてみたい。まえのめーりーまえのめーりー。

 

7.Spending all my time


[MV] Perfume「Spending all my time」

 

ユニバーサル移籍後2作目となったシングル曲。表題曲ながら一度もテレビで披露されたことはなく(C/Wの「Hurly Burly」が氷結CM曲だったため)、ファン以外にはかなりなじみの薄い楽曲かもしれません。

歌詞のほとんどが「Spending all my time」「Loving you forever」の英語2フレーズで構成されており、当初は全編英語詞だったそう。しかし戸惑いを覚えたPerfumeのリクエストにより、「いつもキミを想うよ」「このまま離さないで」といった日本語歌詞が投入されました。世界進出を意識しての英語詞だったのかもしれませんが、改変後のわずかな日本語詞が曲に深みを加えていると思います。

MVは超能力をもった3人の女の子(Perfume)が寮に閉じ込められているというちょっとミステリアスな設定。この制服、よくライブ会場で見かけますね。襟がメンバーによって異なるのがポイント。

こちらの楽曲のExtended mixはCannes LionsやWorld Tour 2ndで披露されたプロジェクションマッピングのパフォーマンスに用いられています。気になった方は以下のムービーをどうぞ。映像とパフォーマンスのシンクロ率に圧倒されること間違いなし。


Cannes Moments: Perfume's Amazing Digital Light Show at Cannes Lions

 

8.The best thing

 

トライアングル(初回限定盤)

トライアングル(初回限定盤)

 

 アルバム「⊿」(トライアングル)収録曲。

なんてったってイントロから持って行かれる独特のリズム感。このアルバムの曲は比較的声に重めの加工が施されていることもあり、無機質な感じも心地よいです。

サビだけが英語詞になっていて、「I love you more than words can say」といった感情のこもった歌詞とひたすら無機質な曲のギャップがまさにPerfume。以前ファンブログでこのThe best thingを「これぞPerfume」と評している記事を読んだことがありますが、深く首肯せざるを得ません。

 

9.コンピューター ドライビング

 

リニアモーターガール

リニアモーターガール

 

 メジャーデビューシングルのC/W。

コで始まる曲だとコンシティを選ぶべきだったのかもしれませんが、コンシティはみんな好きでしょ!?!?(勝手な判断)ということでこちらを。

なにせこちらの楽曲、歌詞がとっても深い。「キャンセル待ちをしたって あの子の次じゃ意味なんてないじゃない」ふ、深い…!ystk氏は女心をわかりすぎなんだ!!

この曲の歌詞についてはもう語りすぎると収拾がつかないので、歌詞リンクを貼っておきます。清書して配るかポスターにして校内に貼りたいくらいには素晴らしいと思っています(危険思想)

コンピューター ドライビング - Perfume - 歌詞 : 歌ネット

 

10.FAKE IT


[MV] Perfume 「FAKE IT」

 

最後になりました10曲目はFAKE IT。シングル「ねぇ」のC/Wです。

徳間さんから出したユニバーサル移籍前「Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"」制作時にC/W曲ながら制作されたのがこちらのMV。ライブシーンはP.T.A.会員を招待して撮影されたものになっています。

ライブシーンを見ていただければよくわかると思いますが、とにかくこの曲は盛り上がる!昨年のLIVE 3:5:6:9では(まだひきずる)1曲目として披露され、会場のボルテージが一気に最高潮になりました。

Perfumeファンならわかってくださる方も多いでしょうが、間奏ではあ~ちゃんが「ジャンプ!ジャンプ!」と煽るのが通例となっているがゆえに、CD音源で聴くとなんだか物足りない気がするor脳内であ~ちゃんボイスを補完してしまう。そしてたとえそこが電車であっても飛び跳ねてしまいそうになる。フェイキの中毒性は恐ろしいです。

曲もさることながら、歌詞もまた挑発的。

世界で一番好きだ的な

あなたしかいらないのよ的な

あなたのために生きるわ的な

ことなんて絶対に今は言わないわ FAKE IT 

 …最高かよ~!!!(ボキャ貧)

これがライブでかかったらもう、Perfume一生ついていきます!みたいな感じになる。煽りに応えて周りにぶつからないよう必死に跳ぶ。みたいなところあります。そりゃエリツィン*1もハマるわ。

 

というわけで、以上独断と偏見で選んだ好きなPerfume曲でした。

こうして見るとLIVE 3:5:6:9の記憶がいかに色濃く反映されているかがわかるな。これについてもそのうち書きます。

*1:アメトーーク!Perfume回でLIVE 3:5:6:9に参加し見事にPerfumeにはまった阿佐ヶ谷姉妹の方