読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All that glitter is not gold.

それでも、きらきらしたものがすき。

生駒里奈「君の足跡」お渡し会に寄せて。

おひさしぶりです。

2記事書いてから少し間があいてしまいました。決して前記事で全力を尽くしてしまったからではありません。決して。

 

allglitters.hatenablog.com

 

今日のこの記事は、タイトル通り生駒里奈さんファースト写真集「君の足跡」発売記念お渡し会&写真集をパラパラしたあとの興奮の勢いのままに書いています。

そもそも。前提として。

わたしが乃木坂46の推しメンとして真っ先にいつも名前を挙げているのがこの生駒里奈さんですが、ここに行き着くまでにはかなりの時間がかかりました。

 

はじめてわたしが乃木坂46を知ったのは、とあるテレビ雑誌がきっかけでした。それ以前にもAKBの公式ライバルグループができたということは聞いていましたが、きちんとグループとしての写真やメンバー名を知ったのはそれが最初だったのです。

それから少しして、偶然チャンネルをまわしていたときに目にしたのが「乃木坂って、どこ?」でした。この時は特技披露の回で、まいやんがバッティングセンターに行ったり、現在は卒業している市來玲奈ちゃん(れなりな大好きだった…)がラテンダンスを踊ったりしていたことを覚えています。当時は2012年1月末、デビューの約1か月前という時期でした。

その次の回から乃木どこ?を予約して観るようになり、暫定キャプテンとなった桜井れかたむを推すようになるまでに時間はかかりませんでした。一度だけですが握手会にも行きました。3rdの個別です。緊張で「はじめまして…」のあとがなかなか続かなかったわたしを、桜井キャップは優しく待ってくれて、「ありがとー!」って言ってくれました。今でもわたしの推しTOP3のひとりはあなたです。最初の握手会を素敵な思い出にしてくれてありがとうれかたむ。

ところで、なぜ握手会に一度しか行けなかったのか。それはひとえに時期が悪かったとしかいいようがありません。最初で最後のその握手会は、わたしにとっては高2の夏。そろそろ大学受験に備えなければいけない時期でしたから、高校生最後の握手会にしようと決めていたのでした。

受験生時代も番組を観たりと細々としたファン活動を続け、無事大学に進学してからは周りにも乃木坂好きを発見したりとうれしい出来事もありました。しかしその中での変化が一つ。

現在の推し、生駒ちゃんの存在でした。

乃木どこ?を観ていて、ひな壇にいても前にいても突出した存在感。ライブでの表情の付け方や初期から一定の評価を得ているダンス。心配されていた歌唱力も徐々に伸び、AKBとの兼任においても着実に実績を残してきた生駒ちゃんに、気付けば釘付けになっていたわけです。

あ、わたし、生駒ちゃん好きなのか。

しかし、わたしに「推し変」という選択肢はありませんでした。そう、「推しは変えるものではなく増やすもの」。おかげさまで現在乃木坂に推しが3人います。推しが増えるって楽しみが増えていいですね(もうひとりは星野みなみちゃんです。パン。)

そうして推し増しした頃、乃木坂メンバーのソロ写真集が次々と決まっていきました。まいやん、七瀬、ななみん、いくちゃん。「あ、これはそのうち生駒ちゃんの写真集出るよな…」直感したけど、思ったよりその時期は早かった。ほどなくしてお渡し会も決まりました。どうしても今の生駒ちゃんに会いたくて、サインなくてもいいからって2部に応募した。メール来た瞬間は五体投地しましたね(ただのキモヲタ)。

 

はい。

ここまでが前置きです。(なげーんだよ。)

 

というわけなので、生駒ちゃんときちんと会うのは初めてなのでした。前述の握手会でレーンの隙間から楽しそうに手を振っていた彼女は覚えていますが、そのときはわたしも生駒ちゃんもまだ16歳。無邪気な笑顔が印象的でした。

そしていま、20歳になった生駒ちゃんはまさに「過渡期」という言葉がしっくりくる、いまだけのものなんだろうなという輝きを放っていました。

これがお渡し会直後のわたしのツイート。

別の言葉でいえば、あどけない「かわいらしさ」と大人の「綺麗さ」が格別のバランスで共存していて、彼女の周りだけ新鮮な空気で包まれているような、そんな感じがしました。もともと色白だなあとは思っていましたが、この時の生駒ちゃんは黒に細く白でストライプが入ったワンピースを着ていて、ますます白さが際立っていました。だからちょっときらきらして見えたのかもしれない。

そして4年前れかたむに何も伝えられなかったわたしは、ちゃんと言うことを前日から決めて何度も反芻していたおかげで、上記の言葉が伝えられたのでした。成長!ってお前小学校の学芸会の練習かよ!ってちょっと思ったけど(笑)。「ありがとう!(アナスイのお店)行ってみてね!」って返してくれた。声もテレビで受ける印象より通ってるというか、あのへにゃへにゃした(褒めてる)感じはそこまでなかったです。

 

今回のお渡し会を経て、少し考えたのは女性アイドルの刹那性についてです。

わたしの会った16歳のときと現在の20歳の生駒ちゃんは顔も考え方もきっと違うし、それはきっと途切れなく常に変化していっている。歳をとるにつれて綺麗になったりかわいくもなるけれど、いずれは体力も衰えるしそれにつれてアイドルとしての魅力はやっぱり薄れていってしまうわけです。これは性別を問わずアイドルにとって普遍的な問題だけれど、特に女性アイドルに顕著なわけで。だから卒業するしタレントや女優への転身を考えたり、芸能界を引退して伝説と呼ばれる子だって出てくる。

そんな特殊な刹那性を持っている女性アイドルだから、わたしは「ずっとついていきます」とか「ずっと応援するね」なんて言葉を彼女たちにかけるor言及することはできません。ずっと応援していられる自信なんてないから。それはアイドルファンとして言ってはいけないことなのかもしれません。けれど、グループの雰囲気や活動の方針が変わることでファンになる人も辞める人もいる。ある程度「しょうがないこと」ではあると思うんです。たとえそれが「ずっと見守っていたい」と思わせてくれたアイドルだったとしてもね。

だから、少なくとも今は、そしてまだ見通せる限りの近未来においては、わたしは高々と「この子が好き!」と宣言していたい。アイドルとして戦い抜いてきた、そしていまも闘っている今の貴女が好きだよ、っていう、ちょっと自分勝手な言葉かもしれないけど、その言葉を誰よりもはっきりと言う自信がわたしにはあります。

ただ、生駒ちゃんに関しては、きっと緩くでも見続けていくんだろうなという気がしてます。同い年の、もしかしたらもう一人のわたしかもしれなかった彼女の足跡を、違う世界で横から追い続けたいと思わせてくれたお渡し会&写真集でした。

 

 

 

趣味合う人、絶賛募集。~Perfume曲で帰れま10~

昨日、ハロつながりのフォロワーさんたちで盛り上がっていたこんなハッシュタグ

#好きなハロ曲当てるまで帰れま10

くーっ!参加したい!でもシングル曲くらいしかわかんねええ!

と思ったので、Perfume版で考えてみたのでした。

 

 

はい。

これの消化と語りをやろうと思ったわけです。

 

1.Enter the Sphere

のっけからアルバム曲です。ぶれません。

アルバム「LEVEL3」リード曲。

 

LEVEL3

LEVEL3

 

 2014年に行われたWorld Tour 3rdの模様をおさめたドキュメント映画「WE ARE Perfume」(2015)でも印象的に使われた一曲。幕が落ちて生Perfumeが降臨する瞬間、生で見たら絶対泣けてただろうな、あれ。

リリース時に「最強のダンスアルバム」と評されることが多かったLEVEL3ですが、そのなかでも格段にバッキバキなのがこちらのEnter the Sphereです。何も考えずにノッて聴けるというか、アルバムの流れがちょっとDJ的な感じにもなってるからよく勉強のBGMとかにしてテンション上げてました。LEVEL3はライブでも最初と最後はきっちりアルバム曲と同じにしててあの構成もいいなあって思う。行けなかったけど。行けなかったけど。(当時受験生)

 

2.TOKIMEKI LIGHTS

 

STAR TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

STAR TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

 

 

前述した「WE ARE Perfume」主題歌のB面となるのがこちらのTOKIMEKI LIGHTS。チョコラのCM曲として使用されていました。

当時はTVでも披露はSTAR TRAIN一色であったがゆえにライブパフォーマンスはまだ行われていない(と思われる)楽曲ですが、こちらがA面でもよかった!と言われるくらいの勢いと疾走感。頭サビ後の高揚感は最高です。ただテンションがあがるというだけでなく、「そう 思い出す1年前や もっと前だってこんな季節に~」といったさりげなくPerfumeの歴史も感じさせてくれるような歌詞も素敵。ぜひライブでやってください。

 

3.GAME

 

GAME

GAME

 

 アルバム「GAME」のコンセプト曲になります。

ライブでのライトサーベルを使ったパフォーマンスが超!超!超!かっこよくてですね。何も!言わないから!見てくれ!って思います。まさにゲームから飛び出してきたような衣装も素晴らしいいいい。

ちなみにこちらのGAME、昨年のLIVE 3:5:6:9にて披露されまして。わたしも武道館に足を運ばせていただきましたが、あのイントロかかった瞬間の歓声はすごかったですね。特にライトサーベルを構えるのっち、かっこよすぎます。

 

4.MY COLOR

 

JPN(通常盤)

JPN(通常盤)

 

 アルバム「JPN」より。

ライブのラストに使われることが多く、一緒に踊れば一体感を得られること間違いなし。あ~ちゃん「せーの!」で手を挙げた瞬間流れ出すあのイントロ、最高です。

会社に電車で向かっている女の子が恋人にメールする情景を描いている歌詞なのですが、「恋人同士のつながり」と共に「Perfumeとファンのつながり」も感じられる内容になっているところが素敵。こういった2つの意味でとれる歌詞がPerfume曲には比較的多いように思います。

 

5.エレクトロ・ワールド


[MV] Perfume「エレクトロ・ワールド」

 

ライブで盛り上がるこちらの1曲。

メジャーデビューから3枚目までの「リニアモーターガール」「コンピューターシティ」「エレクトロ・ワールド」はファンの間では近未来三部作として親しまれていますが、その中でもこの作品は「世界の崩壊」を感じさせる雰囲気。無限ループ仕様に仕上がっているMVも近未来感たっぷりになっていて、なんだか切ない気分にさせられます。

個人的には「街ゆく猫だって 空を飛んじゃう街で~」のゆかちゃんパートがとっても好きです。MVでもかわいい。ゆかちゃんかわいいよゆかちゃん。

 

6.恋は前傾姿勢

 

Sweet Refrain (初回限定盤)(DVD付)

Sweet Refrain (初回限定盤)(DVD付)

 

 シングル「Sweet Refrain」のB面曲となっている楽曲。

比較的落ち着いたテンポで片想いする女の子の心情を描いていながらも「Don't be shy 自分 がんばらなきゃ」と自分を励ますサビの歌詞もほんわかポジティブな感じでかわいいです。

ちなみにこの曲はPerfume本人たちがどちらかのネットインタビューで明かしていましたが、前述のアルバム「LEVEL3」のボツ曲だったんだとか。アルバム収録予定になっていたときはもう少しアップテンポの楽曲だったらしく、その変貌ぶりにはPerfumeちゃんたちも驚いたそうです。ノリノリな「恋は前傾姿勢」もちょっと聴いてみたい。まえのめーりーまえのめーりー。

 

7.Spending all my time


[MV] Perfume「Spending all my time」

 

ユニバーサル移籍後2作目となったシングル曲。表題曲ながら一度もテレビで披露されたことはなく(C/Wの「Hurly Burly」が氷結CM曲だったため)、ファン以外にはかなりなじみの薄い楽曲かもしれません。

歌詞のほとんどが「Spending all my time」「Loving you forever」の英語2フレーズで構成されており、当初は全編英語詞だったそう。しかし戸惑いを覚えたPerfumeのリクエストにより、「いつもキミを想うよ」「このまま離さないで」といった日本語歌詞が投入されました。世界進出を意識しての英語詞だったのかもしれませんが、改変後のわずかな日本語詞が曲に深みを加えていると思います。

MVは超能力をもった3人の女の子(Perfume)が寮に閉じ込められているというちょっとミステリアスな設定。この制服、よくライブ会場で見かけますね。襟がメンバーによって異なるのがポイント。

こちらの楽曲のExtended mixはCannes LionsやWorld Tour 2ndで披露されたプロジェクションマッピングのパフォーマンスに用いられています。気になった方は以下のムービーをどうぞ。映像とパフォーマンスのシンクロ率に圧倒されること間違いなし。


Cannes Moments: Perfume's Amazing Digital Light Show at Cannes Lions

 

8.The best thing

 

トライアングル(初回限定盤)

トライアングル(初回限定盤)

 

 アルバム「⊿」(トライアングル)収録曲。

なんてったってイントロから持って行かれる独特のリズム感。このアルバムの曲は比較的声に重めの加工が施されていることもあり、無機質な感じも心地よいです。

サビだけが英語詞になっていて、「I love you more than words can say」といった感情のこもった歌詞とひたすら無機質な曲のギャップがまさにPerfume。以前ファンブログでこのThe best thingを「これぞPerfume」と評している記事を読んだことがありますが、深く首肯せざるを得ません。

 

9.コンピューター ドライビング

 

リニアモーターガール

リニアモーターガール

 

 メジャーデビューシングルのC/W。

コで始まる曲だとコンシティを選ぶべきだったのかもしれませんが、コンシティはみんな好きでしょ!?!?(勝手な判断)ということでこちらを。

なにせこちらの楽曲、歌詞がとっても深い。「キャンセル待ちをしたって あの子の次じゃ意味なんてないじゃない」ふ、深い…!ystk氏は女心をわかりすぎなんだ!!

この曲の歌詞についてはもう語りすぎると収拾がつかないので、歌詞リンクを貼っておきます。清書して配るかポスターにして校内に貼りたいくらいには素晴らしいと思っています(危険思想)

コンピューター ドライビング - Perfume - 歌詞 : 歌ネット

 

10.FAKE IT


[MV] Perfume 「FAKE IT」

 

最後になりました10曲目はFAKE IT。シングル「ねぇ」のC/Wです。

徳間さんから出したユニバーサル移籍前「Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"」制作時にC/W曲ながら制作されたのがこちらのMV。ライブシーンはP.T.A.会員を招待して撮影されたものになっています。

ライブシーンを見ていただければよくわかると思いますが、とにかくこの曲は盛り上がる!昨年のLIVE 3:5:6:9では(まだひきずる)1曲目として披露され、会場のボルテージが一気に最高潮になりました。

Perfumeファンならわかってくださる方も多いでしょうが、間奏ではあ~ちゃんが「ジャンプ!ジャンプ!」と煽るのが通例となっているがゆえに、CD音源で聴くとなんだか物足りない気がするor脳内であ~ちゃんボイスを補完してしまう。そしてたとえそこが電車であっても飛び跳ねてしまいそうになる。フェイキの中毒性は恐ろしいです。

曲もさることながら、歌詞もまた挑発的。

世界で一番好きだ的な

あなたしかいらないのよ的な

あなたのために生きるわ的な

ことなんて絶対に今は言わないわ FAKE IT 

 …最高かよ~!!!(ボキャ貧)

これがライブでかかったらもう、Perfume一生ついていきます!みたいな感じになる。煽りに応えて周りにぶつからないよう必死に跳ぶ。みたいなところあります。そりゃエリツィン*1もハマるわ。

 

というわけで、以上独断と偏見で選んだ好きなPerfume曲でした。

こうして見るとLIVE 3:5:6:9の記憶がいかに色濃く反映されているかがわかるな。これについてもそのうち書きます。

*1:アメトーーク!Perfume回でLIVE 3:5:6:9に参加し見事にPerfumeにはまった阿佐ヶ谷姉妹の方

わたしと、その周辺のはなし。

というわけで、はてなブログはじめてみました。

いわゆる「はてなブロガー」というやつになりたくて、でもそこまでの文才ないなあとか思って、それでもやっぱりまとめて何かを書ける環境ほしい!って思って勢いでアカウント開設して現在に至るっ。って感じです。

だから、ずいぶん気まぐれになるかもしれません。

毎日更新するかもしれないし、突然半年空くかもしれません。

でも初回だからとりあえず、気合入れて自己紹介。

 

都内在住の20歳、大学生をやっています。

勢いだけで生きることがとりえです。なんならはてなブロガーになれば面白くなれるんじゃないかとか思ってる。

大学生やりながら、美少女沼に片足つっこんでます。あ、わたし自体は女です。

 

ざっと、好きなもの紹介。

Perfume。かれこれ8年くらいわたしの生活にとけこんでいる存在。

ハロプロ。勉強しはじめて1年足らず。Juice=Juice、宮本佳林ちゃん、金澤朋子ちゃん、アンジュルム、娘。の尾形春水ちゃん、とかが好きだったりする。

乃木坂46。デビュー当時から見守っている。生駒里奈ちゃん。

μ's、ラブライブ。スクフェスは1年以上やっている。小泉花陽ちゃん。なんなら誕生日もいっしょだったりする。

 

とまあ、かわいい女の子系だけ挙げていったらこんな感じ。他の好きなものは脈絡ないからいずれ書いていくことにしましょう。

 

あとはそうですね、今書こうと思っているテーマは以下のようなかんじ

ハロプロ初心者が見た冬ハロ2016@中野

・夢としか思えなかったPerfume LIVE 3:5:6:9@武道館(ライブBD見てからにしたい)

・NEXT YOU / Juice=Juice 両A面感想

生駒里奈さん写真集(発売したらね!あとお渡し会当たったらね!)

・各ジャンルとの出会い、そして彼らがわたしにくれたもの

 

最後に、ブログのタイトルについて。英語のことわざです。

All that glitter is not gold.

輝くものがすべて金ではない。

外見にとらわれず、中身も見ろ、というような意味になります。

アイドル好きな自分への自戒という意味合いもありますが、きちんと中身を見て好きなものを好きと言える自分でありたい、そして全て褒めることはせず、思ったままを書いていきたいなという気持ちでつけました。

(説明と対になるとまた違った意味にとれるようにもしてみました。笑)

まあ、単純にglitterという言葉の響きと意味が好きなだけです。

あと、こんな曲もありますしね。(というステマ

www.youtube.com

 

埋め込み機能便利か。はてブロ天才か…!!

はい。ということでこれからもステマしていきたいと思います。

お付き合いのほど、どうぞ、よろしゅう。